2010年04月

スポンサードリンク

iTunes Store

CDショップには、年に数回しかいかないのに、ここ数ヶ月、
iTunes Storeで毎月のように1万円ぐらい使っています。

審査なしのクレジットカードで登録すれば、誰でも購入することができます。

ワンクリックで、最新のアルバムや、古いアルバムを買えるので、
例えば、CMなどで流れている曲を衝動的にすぐに買ってしまいます。

これは凄いインパクトですよね?

僕の人生の中で、CDを買うということは、数えるほどしか
無かったのに、iTunes Storeを利用し始めてからは、毎月のように
新しいアルバムを買うのが楽しみになっています。

恐らく、僕が今後生きていく中でも、かなりの頻度で利用すると
思うのですが、iTunes Storeの登場は、

消費者(僕)の消費活動のサイクルさえも変えてしまったのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
要するに、iTunes Storeが存在していなければ、僕は音楽に
お金を使わなかった。

でも、今は毎月のように使っている。

可能性として、生涯数百万円の消費活動が、新たに生まれた
という事になります。

しかも、これは僕だけではなく、世界中で何百万人という人の
消費活動に影響を与えているのです。

例えば、iTunes Storeが存在しなければ、音楽を買うことが
無かった人が、100万人いたとして、平均的に、一生涯で
6万円音楽を買ったとします。

100万人×6万円=600億円

実際には、これから生まれてくる子供たちも含め、巻き込まれる
人数は、何千万人という規模になるでしょう。

つまり、アップルは、たった数年で、何千億円もの市場を
“新たに”生み出したことになります。

可能性を広げたわけです。
| 2010年04月01日 | 携帯電話関連の話題 |

ニコニコ生放送

iPhoneの可能性がぐぅ〜っと広がりを見せてきています。ソフトバンクは独占状態で端末を扱っているので、業績もすごいことになっていて、ハローワークで転職を希望する人も、必ず見ている企業ですね。iPhoneを使っている人の大半がPCメールを見られるので気に入っているというアンケート結果もあるくらいに、もはやiPhoneはただの携帯電話ではありません。

生中継にリアルタイムでコメントを付けられるサービス「ニコニコ生放送」のiPhoneアプリを提供開始した。iPhone OS 3.1以降に対応しており、App Storeから無料で入手できる。「ニコニコ生放送」で配信中の番組を視聴できるほか、iPhoneで撮影して生放送として動画を配信することも可能だ。

「ニコニコ生放送」で放送中の番組一覧や番組表、検索機能から見たい番組を探して生放送を視聴できる。コメント投稿欄をタップすると文字入力キーボードが立ち上がり、コメントを投稿することが可能だ。iPhoneを横持ちにすれば、動画を全画面表示できる。

放送する際は、事前にコミュニティに参加もしくは作成した上で、生放送のタイトルなどを記入して「番組を作成」アイコンをタップすればよい。放送画面が起動し、画面の上半分に放送中の映像が、下半分に投稿されたコメントが表示される。放送画面の上部に表示する「生主コメント」も入力可能。また、Twitter連携機能を備えており、番組開始のお知らせや番組中のつぶやきをこのiPhoneアプリからTwitterに投稿可能。

PCに接続したWebカメラで生放送を開始した後、iPhoneアプリを操作すれば、iPhoneを切り替えカメラとして利用することも可能だという。

なお、ニコニコ動画のアカウントが同アプリでそのまま利用でき、登録会員であれば誰でも視聴が可能だが、配信が可能なのはプレミアム会員(月額525円)のみとなる。また、配信はiPhone 3GSでの使用を推奨しているほか、iPod touchでは配信機能は使えない。
| 2010年04月01日 | 携帯電話関連の話題 |

iPad(アイパッド)」の販売台数が100万台を突破

もうこの人気は止まらないようですね。
アップルの戦略に見事に乗っている感じです。

そういう私も、iPadをアメリカから仕入れようかどうしようか
考えたくらいですから(笑)

iPhoneはすでに、2台目でパソコンはウィンドウズなのですが、
iMacにも注目しています。

アメリカのアップルは3日、4月3日に米国で発売した多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の販売台数が100万台を突破したと発表した。アプリケーションのダウンロード(取り込み)は1200万件、電子書籍配信は150万件に達したという。

スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、100万台突破に74日かかった高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」を引き合いに、「発売後28日間で100万台に達した。需要が供給を上回る状況が続いている」とする声明を出した。
| 2010年04月01日 | 携帯電話関連の話題 |
スポンサードリンク

日本最大級のFX商材・売買履歴配信の検証サイト
Copyright (C) 「情報酒場」|iphoneの落とし穴/iphoneの本当の使い方. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。