「情報酒場」|iphoneの落とし穴/iphoneの本当の使い方TOP ≫  News ≫  iPadでアップルの株価上昇

iPadでアップルの株価上昇

スポンサードリンク
iPadがアメリカで相当売れているようです。

「iPad(アイパッド)」の米国での販売台数は、発売初日の3日深夜時点で事前予約分の出荷をあわせて30万台を突破した。同社が5日に発表した。

同社によると、iPadユーザーが初日に「App Store(アップ・ストア)」からダウンロードしたアプリケーション数は100万本を超え、電子書籍数は25万件超にのぼった。

iPadは、同社の人気スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」とノートパソコンの機能をあわせ持つタブレット型端末で、価格は499ドルから。3日午前9時に全米で発売され、各地の店舗前には長蛇の列ができた。

だが、アナリストの間では、初日の販売台数が長期的動向を反映するとは限らないとする声もある。投資銀行カウフマン・ブラザーズのアナリストは、「iPadは、モバイル・コンピューティングはもちろん、出版・ゲーム市場にも革命を起こす可能性を秘めているが、それまでに数四半期、あるいは数年かかるとの懸念もある」との所見を示している。同アナリストは、販売台数が今後12カ月間で1,000万台、2011年には2,000万台に達すると予測する。

iPadの販売台数は70万台という声もあがった予想を下回るものではあったが、ウォール街では5日、アップルの目標株価が引き上げられた。JPモルガンのアナリストであるマーク・モスコウィッツは、今年の目標株価を当初の240ドルから305ドルに上方修正している。同氏はiPadの販売台数を今後12カ月間で480万台程度と予想している。

アップルの株価は活発な商いのなか1%上昇し、236ドル98セントに達した。
| News |
スポンサードリンク

日本最大級のFX商材・売買履歴配信の検証サイト
Copyright (C) 「情報酒場」|iphoneの落とし穴/iphoneの本当の使い方. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。