iphoneの料金落とし穴

スポンサードリンク
iphoneの料金落とし穴の報告です。
最近、よく通話するようになったので、以前、他社携帯でも
行っていた料金プランの変更をしようかと調べてみました。

私の場合、月によって通話料の増減のムラがけっこうあるので
しかも、どれだけ通話するかなんて事前に想定できないものですから
その都度、見直すようにしているんです。

が、結論から言うとiPhoneでは色々な制約があって無理だと
判明しました(泣)

理由、最初にWホワイトも加入していて、プラス2年縛りがあるコースにも入っていた為、プラン変更すれば違約金が9千数百円発生する。

とまぁ、ソフトバンクのマイページをよくよく読まなければわからないことだが、どうも、今一わかりにくかったので、157に電話して
係りの人に聞いてみたんだけど、やはり、通話料のランニングコストを下げることは、無理なようです。

よく通話するときのために、もう一台新機種を購入して
通話専用にしようかとも考えたんですが、結局
最近の本体の割賦販売制度や本体料金高騰化により
その道も、駄目だとわかりました。

いっそのこと、白ロム買ってやってみようかとも思ったんですが、
それも、無理。

ソフトバンクのオペレーターも言ってましたが、iPhoneは通話料がかさんだ時は不利なようです。

ちなみに、私の通話料は、1日500円前後です。
単純計算で
500円×30日=1万5千
+9千7百円=2万5千円

携帯電話料で1ヶ月に25000円ほどになります。
新しいのが出るたびに機種変して、今2代目たけど、次のiPhone4は
どうするか思案中です。

スカイプでしゃべれば、無料通話できるんだけど、一般的には
まだまだ無理。

追伸・・・
iPhoneでは通話中の録音ができないということを最近知りました。
アプリでも作れば、かなり売れるんじゃないでしょうか。
通話録音がついていない携帯電話って、どうかと思います。

ソフトバンクのサポートに電話したときすら、この通話は録音されますってアナウンスが流れるというのに。。。     


スポンサードリンク

日本最大級のFX商材・売買履歴配信の検証サイト
Copyright (C) 「情報酒場」|iphoneの落とし穴/iphoneの本当の使い方. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。